医療英語留学×医療現場でのインターンシッププログラム開始

Uminaka News

語学学校ハルカは2018年2月より、JHD(ジャパニーズヘルプデスク)の協力のもと、医療英語留学×医療現場でのインターシッププログラムを開始いたします。インターンシッププログラム終了後は1年間の契約社員としてフィリピンのJHDで就職できるチャンスも!
学んだ英語を即実際の現場で使用でき、医療職の一員として海外で勤務できる経験は他校にない唯一のプログラムです。その後契約社員へと歩みを進めることで、結果的に留学費用は賄うことができます。

JHD(ジャパニーズヘルプデスク)とは、、、

フィリピンを拠点に、フィリピンとインドの主要病院に設置された日本人用の診察窓口・クリニックです。
フィリピン留学中の生徒や在住者が体調を崩した際や怪我をした際に必ずと言っても良い程お世話になる、唯一海外旅行保険でのキャッシュレスでの診察・治療や国民医療保険の還付が受けられる窓口です。また所属医師の往診サービスも実施されています。詳しくは下記URLをご覧ください。

<医療英語留学×医療現場でのインターンシッププログラム>

期間:8週間(4週間の医療英語留学コース受講後、4週間の医療英語コース×医療現場でのインターンシップ)
募集要項:
・男女問わず25歳以上
・英語で簡単なコミュニケーションが可能な方(一般英語中級以上が好ましい)
・日本で医療職者としての経験がある方、または医療事務、医療通訳を目指している方など
・受け身ではなく自己で積極的に動いていける方
・生活・医療環境の違いを理解して他者に敬意のある態度を取れる方
・個人情報保護や参加規約に同意できる方
・自己で責任を持ってインターンシップ先への通勤ができる方(タクシーで15分・往復500円程度)
・インターンシップ参加試験に合格した方(留学期間中に必要な内容を学習し、校内で受験します)
※英語のレベルに不安がある方はプログラム前の留学期間を長くし、英語力を向上させた上で参加することが可能です。

・インターンシップ概要・

時間:平日の正午〜午後5時半(朝8時から3レッスン授業受講後)土日祝はお休みです。
インターンシップ場所:Cebu Doctors Hospital またはChoung Hua Hospital
インターンシップ内容:勤務場所によって仕事の内容は変わりますが、基本は医師と患者様との間に入って簡単な通訳とカスタマーケアーをお手伝いいただく予定です。(日本人に付いて働くというよりはフィリピン人スタッフと一緒に行動して頂く事になります。)
・学校へデイリーレポートの提出
・全期間終了後はプログラム修了証が授与されます。

・プログラム費用・

8週間の医療英語コースと同様

・JHD契約社員・

こちらのコース終了後、希望者は再度面接と簡単な試験を受けていただきます。
・勤務場所は空き状況によって決定
・給料は手取り5万ペソ
・就労ビザ支給 (費用は会社負担)
・勤務期間は1年間
・福利厚生 追加記載予定
興味のある方は下記よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームhttp://www.hlca-english.com/contact-us
LINE:hlca-english