HLCA Volunteer Activity(生活編)

Mao Matsumoto インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さんこんにちは!語学学校ハルカのMaoです。

本日は先週土曜日に参加したボランティアについて書きたいと思います!

まずは生活編から。

今回はタランバンという地区にある貧困地域に行って参りました。

ボランティアの時間は移動も含め、4時間ほど。

今回のボランティア企画はCECと語学学校HLCAの企画で開催されました!

語学学校HLCAからは生徒さん、先生、インターンと学校全体で参加しました。

 

語学学校ハルカの校舎から専用のバンに乗る事25分、目的の地域に到着です。

一時間もかからないところに別世界があるということに驚きます。

 

到着後、まずは人々の生活の様子を見学をしました。

大きめのひよこが飼われています。

フィリピンには貧困地域のいたるところにニワトリがいます。

雨が降る中、全員で足場の悪い坂道を上りました。

岡の側面に家を作っているような形状になっているので、上るだけでも滑ってけがをしそうな環境です。

勿論日本のように滑り止めの加工などはなく、無防備なコンクリートが敷かれています。

シャワーを浴びる女の子。

井戸から水をくみ上げます。

洗い物をする男の子。

食器の量からも家族の分も洗っていることがわかります。

お手伝いと思えばしっかりした子だなぁとなりますが、フィリピンでは子供も家族を助ける役目を持っています。

水を用意するのも、水道から水が出るわけでもなく、井戸まで汲みに行って運んでくる様子を想像すると、考え深いものがあります。

この女の子はお菓子やちょっとした生活品などを売っています。

私たちは食事の配給やダンス、ゲームなどさまざまなものを企画しますが、仕事を持っていて、参加することすら難しい子供も少なからずはいるというのが現状でした。

 

…では次回は配給活動や子供たちとの交流について書きたいと思います。

続きをちらっと一枚だけ・・・お楽しみに!!