夜のカルボンマーケットに行ってきました!

Atsushi Ozaki インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

先週末の夜にカルボンマーケットへ行ってきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

カルボンマーケットは巨大な食品市場で、場所はサントニーニョ教会から歩いて行けるほどのところにあります。

スーパーで買い物するよりもお得な値段で買い物が出来ます。

 

学校終わりだと学生寮と反対方向になるので、週末の日中に観光がてら行ったりしています。

今まで昼間しか訪れたことがなかったのですが、

今回は寮母のクリステルさんが買い物があるとのことだったので、

お願いして私も夜のカルボンマーケットに同行させてもらいました。

寮からジプニーで揺られること約30分、カルボンマーケットに到着です。

夜でもかなり込み合っています。

日曜日の夜だからでしょうか、7時にも関わらず多くの方が買い物に来られています。

通路の両脇に新鮮そうな野菜を出す露店の列がところなしに並んでいます。

新鮮そうなお野菜です。

元々狭い通りなので、かなり混雑していました。

さらにジプニーが通り抜けて行きます。

私が見た感じでは、野菜を扱う露店、果物を扱う露店、卵を扱う露店というように、

扱う物ごとに分かれて販売されていました。

どの露店も取り扱う物はほとんど同じようで、値段もさほど大きな差はないそうです。

しっかりとキロ単位の値段を提示しているので、注意して買い物すればぼったくられることは防げると思います。

野菜は量り売り、果物や卵は1個単位で購入出来ます。

奥の紫色卵が気になります。

 

野菜売り場を歩いているときにちょっと面白いことを教えてもらいました。

なんと、野菜のオクラをビサヤ語(セブやミンダナオで話されている言語)でも、

”オクラ”と言うそうです。

何か日本に由来する理由でもあるのでしょうか、それとも偶然でしょうか。

寮母さんに付いていき一通り野菜を買い終わった後、果物も見てまわることになりました。

いい香りがします。

1キロ、40ペソ!安い!

果物の置かれた露店通りの近くまで来ると、甘いフルーツの香りが漂ってきました。

やはり新鮮なので香りが強いのかもしれません。

バナナ、オレンジ、マンゴー、りんご(輸入品)を多く見かけます。

レモンの方が人気?

富士リンゴ!?

ちなみにオレンジは3個で20ペソ(約40円)だそうですから安いですね。

ついでも卵も見かけました。1個で6ペソくらい(約12円)でした。

買い物も終わって帰る間際にちょっとフィリピンのおやつ?を買いました。

コーンカップというそうで、オレンジ色に見えるのがチーズパウダー、その下にはコンデンスミルク

が掛かっています。

初めての味でした!おいしい!

しょっぱい物と甘い物を一緒に頬張ると、じゃっかん、しょっぱさが勝つようです。

勉強になりました。

とりあえず、買い物も無事終了し帰宅出来ました。

食後の良い運動になりました。

クリステルさん、買い物お疲れ様でした、そしていつもありがとうございます。

 

こちらに市内観光した際の記事をご紹介します。

どうぞご覧ください。

セブを満喫!市街地ツアーとTops(トップス)観光