First  Aid  Kit(応急処置キット)について学ぶワークショップを開催!

Atsushi Ozaki インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

4月9日(月)に、ハルカで行った First  Aid  Kit(応急処置キット)に関する

ワークショップの様子をご紹介します。

当日は、ハルカの生徒様だけでなく、生徒様のお母様も参加してくださり、

計6名の参加者が応急処置キットについて学びました。

 

今回講師を担当していただいたのは、REAVO CEBU CHAPTER(以下:REAVO) の皆様です。

REAVOは、医療従事者、慈善活動に関心のある方々が所属している地元セブの救護ボランティア団体です。

ハルカでは以前からREAVOの救護ボランティアに参加させていただいており、

今回はその御縁もあり、協力してワークショップを開催することが出来ました。

ワークショップには3名のスタッフがお越しくださりました。

お忙しいところありがとうございます!

 

講義では、まず普段の活動で持ち歩いている救護かばんの中身について説明して頂きました。

救護かばんに入っている用具を説明中

 

救護活動では一刻も早く患者のもとへ行かなければならず、

そのために救護かばんは小さめの物にしているそうです。

かばんはそれほど大きくはないのですが、ぎっしりと中身が詰まっており、

次から次へと応急処置用具が出てきます。

医療に従事したことのない私でも見たことがある、

炎症止めの塗り薬、シップ、ばんそうこう、消毒液、包帯などに加え、

専門的な救護用具も携帯している様です。

 

専門的なものといいますと、例えば患者の呼吸を確保するために用いるOPA(oral patrangency airway)

などがあります。

これは自立呼吸が困難な患者に用いるそうで、曲がっている外側を口の上部にくるように挿入して使うそうです。

OPAを挿入後、酸素マスクを患者の口に固定して呼吸を促すそうです。

OPAを口に挿入する際は、90度に傾けた状態で口へと差し込み、ねじりながら入れていくそうです。

日本語の説明でもなかなか想像しにくいのですが、英語なので必死に説明に食いついていきます。

Johnさんも参加者が理解しやすいように、実際にOPAを手に取り、動作と併せて教えてくださいました。

OPA の使い方を丁寧に教えてくださるJohnさん

 

このような応急処置キット以外に、フィリピンの医療現場、緊急救命の状況についても教えて頂きました。

セブシティでは、マクタン島と合わせて、主に7つの病院で救急患者の受け入れを行っているそうで、

救急車の活動状態も20台程度しかないそうです。

さらに、セブシティは渋滞がひどく、救急患者を搬送するまでの平均時間は30~60分も掛かるそうです。

よって、救急車が到着するまでの応急処置がいかに大切かを説いてくださいました。

 

講義のあとは、REAVOの皆さんと一緒に昼食を頂きました。

講義中は質問出来なかったこともありましたが、この機会に色々と聞くことが出来ました。

食事をしながらも色々と質問させて頂きました!

 

ハルカでは、今後この活動を増やしていく予定です。

次回のワークショップ開催日時が決定しましたらfacebook、twitterなどを通して

参加者を募りたいと考えておりますのでぜひご応募ください。

勉強になりました!ありがとうございます!

 

皆さん、ご参加くださりありがとうございました。

お疲れさまでした!!