スラム街の子供たちに炊き出しをするボランティア活動に参加しました。

Atsushi Ozaki インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報, ハルカのいろいろ

先週の土曜日にSLPC/CEC Japan Network主催の炊き出しボランティア活動に生徒さんと参加してきましたので、

その様子をご紹介したいと思います。

 

スラム街の子供たち

 

今回のボランティア内容は、スラム街に住む子供たちに会いに行き、

歌やダンスなどの交流会を通じて楽しい時間を共有してもらうものです。

 

当日伺ったスラム街は、タランバンのグランドモールから車で10分くらい移動し、

グランドモールの裏手の坂道を進んで、丘の中腹にスラム街があります。

 

スラム街の入り口

まず、スラム街に着くと、5名程度のグループに分かれて、スラム街の家庭に案内してもらい、

そこに住む方々から実際の生活の様子を伺います。

 

ご自宅に伺う

私が訪問させてもらったご家庭は、5人家族で小さなお子さんが3人と住んでいました。

 

ご自宅の様子を観させてもらうと家の大きさは、

四~五畳くらいの大きさで、柱がむき出しになった作りです。

壁はブルーシートの様な少し強度のあるビニールで覆っています。

自宅には水、電気は通っておらず、キッチンは卓上コンロを使用しておりました。

 

そちらに住まわれているお母さまから、こちらに来られるまでの経緯やこちらの生活の様子、仕事、

そしてスラム街に住む思いを伺うことが出来ました。

 

その後に広場へと場所を移り、

子供たちとのアクティビティ、歌やダンス、風船を使って交流をしました。

 

ボランティア団体の方と子供たちが一緒に歌と踊りを楽しんでいます。 

生徒さんも一緒になってエンジョイ!

その広場のアクティビティ合間に、ハルカの生徒さん達がプレゼンテーションを行いました。

 

子供たちにうがいの仕方を教えてあげます。

ユリコさんとイッセイさんは手洗いとうがい方法を説明してくれました。

子供たちが分かりやすいように、事前に英語と絵で画用紙にプレゼン内容を書いて準備していました。

さらに、実際に手洗いとうがいの実演を子供たちと交えて一緒に行っていました。

演劇を行う前に子供たちとコミュニケーションと交流を図ります。

 

次に、アカネさんとユキさんが演劇スタイルで擦り傷と処置方法をプレゼンをされました。

お二人も子供向けに分かりやすいように多くの写真を用意されていました。

セリフも全て英語でほぼ覚えてこられたようで、子供たちも興味津々で見入っている様子でした。

シャボン玉で遊ぶ子供たちと生徒さん

無事にプレゼンも出来、ボランティア体験を全て終了しました。

 

日本に居りますと世界の貧困に向き合う機会も少ないので、とても良い経験になりました。

 

お疲れさまでした!

生徒さん方、プレゼンお疲れさまでした。

マーロン先生、クリステルさん、引率ありがとうございました。