医英検を知っていますか?世界的にも珍しい「医療英語」の検定試験!

Reona Takahashi インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

 

こんにちは!HLCAインターンのReonaです。

 

さて突然ですが、皆さん医英検って聞いたことありますか?

英検なら知っているけど…。お医者さんが受ける英語の試験…??

比較的新しく、まだ認知度もそれほど高くない検定なので、よく知らない方が多いのではないでしょうか。

今回はそんな医英検について書いていきたいと思います。

 

 

【目次】

1.医英検ってなに?

2.試験の内容は?

3.日本医学英語教育学会とは?

4.英語検定との他の医療違いは?

5.まとめ

 

 

1.医英検ってなに?

 

医英検とは、正式名称を「日本医学英語検定試験」といって、日本医学英語教育学会が主催する医学・医療に特化した英語検定試験です。

 

2008年からスタートした比較的新しい検定で、2018年6月に第11回目の検定試験が開催され、過去受験者数は3,500名に達しました。医学・医療の現場で必要とされる実践的な英語運用能力を総合的に評価することが目的の検定です。

 

「医学英語」を冠した検定試験は世界でもほとんど例がなく,医学英語運用能力を客観的に評価できる指標として利用できるというのがポイントのようです!

 

また「医学」とついていますが、医師や看護師など医療従事者や医療系学生だけではなく、教育, 出版, 翻訳, 通訳などの業界に携わる方々など多様な受験者層を想定しており、受験資格は特に制約はないとのこと。

(参考:日本医学英語教育学会 https://www.medicalview.co.jp/JASMEE//index_c2.php

 

 

日本に滞在する外国人は現在約256万、観光などで入国する外国人は年間2,742万と年々増加しているので、多くの外国人患者が当たり前に病院に来るようになることが予想されます。

 

私も看護師として数年病院で働いていましたが、たまに日本人以外の患者さんがいらっしゃいました。質問されたり、声をかけてあげたいと思っても、なかなか英語で伝えられなくてもじもじしていた記憶があります。

 

そういった経験もあり今HLCAで医療英語を学んでいますが、勉強していくと今の自分の力を試したいという気持ちになります。こういう検定があると、モチベーションにもなるし、受けてみたい!と思いました。

 

また、合否を決める「検定」なので、普及していけば就職時などに有利になる資格となっていく可能性もあるのではないでしょうか?

 

2.試験の内容は?

 

医英検は4つの等級に分かれており、等級によって難易度と試験内容が異なります。

<等級と難易度>

エキスパート級
(1級)
医学英語教育を行えるレベル(プロフェッショナル級[2級]受験者を指導できるレベル)
プロフェッショナル級
(2級)
英語での論文執筆・学会発表・討論を行えるレベル
応用級(3級) 英語で医療に従事できるレベル(医師・看護師・医療従事者,通訳・翻訳者,等)
基礎級(4級) 基礎的な医学英語運用能力を有するレベル(医科大学・医療系大学在学あるいは卒業程度)

<試験内容>
●エキスパート級(1級)
→面接試験(30分)+医学英語あるいは医学英語教育に関する業績の事前審査

●プロフェッショナル級(2級)
→筆記試験(80分,自由筆記3問)+プレゼンテーション試験(口頭発表10分,質疑応答15分)

●応用級(3級)→選択式の筆記試験とリスニング試験

●基礎級(4級)→選択式の筆記試験のみ

(引用:日本医学英語教育学会 https://www.medicalview.co.jp/JASMEE//index_c2.php

 

テキストもあります。

 

日本医学英語教育学会編
    『日本医学英語検定試験3・4級教本 第3版』
メジカルビュー社発行(発売中)
定価3,888円(本体3,600円+税) ISBN978-4-7583-0442-9

 

基礎級と応用級はスピーキングのテストがないんですね!筆記試験だけなら比較的敷居も低く、受けやすい気がします。ただ英語で医療に従事するには、コミュニケーションをとるためのスピーキングが必須な気もするのですが…。

 

試験の内容は、問題を作成する組織とは別に設置された解析評価小委員会が評価して品質向上に努めていくようなので、もしかしたら試験内容も変わってくるのかもしれないですね。

 

しかし、応用級とプロフェッショナル級との間に果てしない溝がある気が…。

エキスパート級に至っては「5分間の英語での発表を国際学会で開催する状況として,その座長を演じていただきます。」とのこと!!わーお!

 

3.主催している日本医学英語教育学会とは?

 

日本医学英語教育学会という学会が聞き慣れなかったので、調べてみました。

 

日本医療英語教育学会(JASMEE)は、医療英語の推進に専念する語学の専門家と医療従事者で構成されています。

(引用: 日本医療英語教育学会(JASMEE)https://jasmee.jp/

 

大学医学部や看護学部などで医学英語教育に携わる人々が中心となっており、400名ほどの会員が参加しているそうです。

 

日本以外で医療に関わる仕事がしたいと考えている人はもちろん、日本で働いている人も英語を使う機会は増えてくると思います。

 

日本政府は2020年の東京オリンピックに向けて、訪日外国人者数の目標を4000人に引き上げると発表しました。医療の現場で英語が必要とされる機会がどんどん増えていく中で、このような学会の役割は重要になってきそうですね。

 

実はHLCAでも、この協会が行う東京オリンピックに向けた医療者の英語教育プログラム開発に関わる予定です。

 

4.他の医療英語検定との違いは?

 

最後に、医英検をその他の「医療英語」がつく試験や認定と比較してみました。

 

(1)国際医療英語認定試験(CBMS)主催:一般財団法人グローバルヘルスケア財団

 

受験者が獲得した得点を認定する認定試験で、医英検と違って合格・不合格かを判定する形式の検定試験ではありません。

 

試験内容はリスニングとリーディングのマークシートのみで、医英検の応用級・基礎級と出題形式は似ていますね。

(参考:一般財団法人グローバルヘルスケア財団 http://cbms.jp/ex-introduce

 

(2)OET (The Occupational English Test)

 

医療に携わる人のために作成された語学力判定試験で、主にオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールの医療現場で広く認知されている資格です。

 

受験資格は医師、看護師など12種の医療職に限られており、医英検と比較すると門戸が狭い試験です。また、IELTSという別の英語試験で一定の点数をとること、オーストラリアでの医療従事経験が必要となるなど気軽に受験できるものではなさそうです。

(参考:シドニー留学センター https://sydney-study.com/oet/

 

 

5.まとめ

・医英検(日本医学英語検定試験)とは、日本医学英語教育学会が主催する医学・医療に特化した英語検定試験

・受験資格に制限はなく、4つの等級に応じて試験内容が異なる。

・日本医学英語教育学会(JASMEE)は医療英語の推進をしている学会である。

・他の医療英語検定と比較すると、合否がはっきりしている、門戸が広いなどの特徴がある。

 

私も含め周りの医療者の人たちはほとんど医英検を知らなかったのですが、医療英語のニーズが高まってきているなか、このような検定の需要が増えていくのではないでしょうか。

どんどん普及していって、医療英語を学ぶ人たちが増えていくといいなと思いますね!

 

 

 ★こちらの記事もご覧ください★

海外の病院で、入院の付き添いに行ってきました!

留学後英語力をキープするために私がしていること