シヌログ祭り

Mao Matsumoto インターン生や留学生のブログ

みなさんこんにちは! 一月半ばを過ぎ、段々二月が近づいて参りました・・・あっという間です! 日本は東京でも雪が降ったと聞きました。 皆さんの住んでいる地域はどのような気候ですか? セブは相変わらずの常夏で、温かく過ごしやすいので是非語学留学と共に避難してきてください!(笑)   先週セブでは、シヌログ祭りが行われました。 まず、シヌログ祭りとは・・・サント・ニーニョ(幼きイエス / Sto. Nino)を祝うお祭りのことです。 フィリピンでは国民の90%以上がキリスト教を信仰していて、その大半を占めるのがローマ・カトリックです。 そしてこのお祭りもローマ・カトリックを信仰する人々が、幼きイエスを祝うお祭りになります。 シヌログはフィリピンで最も人気のあるお祭りです。 毎年フィリピン全土から約200万人の人々が集まります。 フェスティバルは宗教的側面を除いて、ストリートパーティーとしても有名です! パレードなどもあり、かなり壮大なので外国からの観光客も多くみられました。   是非来年はフィリピン人が一番盛り上がるお祭りを皆さんも体験してみてはいかがでしょうか?

Teacher.Geil

Mao Matsumoto Uncategorized, インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さんこんにちは!語学学校HLCAインターンのMaoです。 お正月も過ぎ、皆さん忙しくなってきた頃かと思います。学生の方はまだ冬休みを満喫していますか?セブは常夏のお正月だったため、なんだか年を超えた実感があまりありませんが、一月は始まりの月、新しい一年が始まったと思うとワクワクします! 皆さんは今年の目標を立てられましたか?私は昨年のちょうど今頃セブに留学に行くことを決めたので、懐かしくもあり、今セブで過ごしている出発点だったと思うとセブ留学を選んでよかったと心から思います。 ではでは、今日は当校の先生・スタッフ紹介第9弾を書かせていただきたいと思います!本日の先生はT.Geil。 Medical Englishをメインに教えている先生です。ナースの資格は勿論、ICUで働くナースとしての経験もあります!また調剤技師やIVセラピスト(静脈内セラピスト)の資格も持っており知識、実務経験共に大変豊富です。語学学校HLCAの先生になる以前にGeneral Englishを教えるオンライン英語講師として一年間働いていた経歴もあるため、こんな先生からMedical Englishを学びたいという理想型の先生かと思います。 T.Geilの趣味は旅行だそうです。今までに韓国や台湾、ベトナムなど様々な国を訪れたそう。Travel is my passion!と言うほどの旅行好きです。今年は日本も訪れる予定とのこと。週に何度か抹茶のお菓子を食べている程抹茶が大好きなので、日本人の友達がセブに旅行に来るときはいつも抹茶のお菓子をお土産に買ってきてもらっているそうです。 彼女のモットーはY.O.L.O。意味はYou Only Live Once 日本語にすると『人生は一度きり』。 一日一日を大切にし、ポジティブ思考で前向きに生きているT.Geilらしい言葉です。   では最後にそんなT.Geilから皆さんへのメッセージです。 Learning is a treasure that will follow its owner everywhere. Learning a language shouldn’t be a burden, it’s an opportunity for you to grow as a person, gain experiences and discover the world. You can and will learn it, one step at a time.

プレゼンテーションについて

Mao Matsumoto インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

新年あけましておめでとうございます! 昨年も語学学校HLCA、大変お世話になりました! 今年もよろしくお願い致します。   皆さんはどのようなお正月を過ごされましたでしょうか? もう既に仕事始めを迎えた方も、お正月休み最中の方もさまざまかと思います。 語学学校ハルカは1月2日より生徒さんとともに新年初授業を迎えました☆ 日本人としてはまだまだお休み気分...なんていう心境も生徒さんをみていると吹っ飛びます! そんな今年初BLOGは語学学校ハルカのカリキュラムの特徴でもあるプレゼンテーションについて書きたいと思います。 語学学校ハルカでは毎月一回生徒さんにプレゼンテーションを行っていただいております。 お題は自由でパワーポイントを使った5分‐10分ほどのプレゼンテーションです。 先月卒業を迎えた生徒さんのプレゼンテーションの様子を許可を頂いたので掲載させていただきます!   これはプレゼンテーション後の質疑応答になります。 先生方が質問をし、生徒さんが答えていく形です☆ このカリキュラムにより、 ・人前で英語を話す力(Speaking) ・自分でスクリプトを考え、読む力(Writing & Reading) ・質問を聞き取り(Listening)、自分が習った英語を使い答える力(Speaking)など   さまざまな英語力を伸ばすチャンスに繋がります! もちろんBuddy Teacher(自分だけを担当する先生)がしっかりパワーポイント作りからスクリプト作りまでサポートしてくれますので、安心してプレゼンテーションに取り組むことができます☺ 習った英語を生かすチャンスというのが英語学習においてはとても重要だと思います。 暗記して意味は分かっていても、発音や実際の会話での使い方などが正しくないと相手に伝わないということが起こってしまいます。   是非皆さんもハルカで学んだ英語を【使う】ことの大切さを改めて実感していただけたらと思います☆

HLCA’s Christmas Party♡

Mao Matsumoto インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さんこんにちは!HLCAインターン生のMaoです。 もうすぐHappy New Yearですねクリスマスが忘れられないうちにクリスマスパーティーの写真を更新したいと思います!語学学校ハルカのクリスマスパーティーはみんなHawaiianコーデでご飯もおいしく、プールにも入れる至れり尽くせりなパーティーでした♡生徒さんの笑顔も見れてHAPPYです♡ フィリピン人にとってクリスマスは一年で最大のイベントといっていいほどの一大イベントです。キリスト教徒が多い国ならではのお祝いですね!24日の夜は各家でパーティーが開かれます。そして25日を迎える12時までは誰も眠りません。 日本ではクリスマスはカップルの為にある日のようなイメージが私は強いですが、フィリピンでは家族がみんな集まる日です。なので親戚一同集合してクリスマスをお祝いします。 そしてクリスマスにはゲームも行います☺ ハルカでもさまざまなゲームを行いました!日本では見たことないゲームばかりでしたが、日本のゲームより10倍は楽しいです!! 思いっきり盛り上がりました♡そのおかげで撮ったはずの写真がブレブレでなかなか使えるのが見つかりません…(笑) そして最後にクリスマスには欠かせないExchange Giftの時間♥ ハルカでは各自ユニセックスのプレゼントを300ペソまでということで準備して、くじ引きでプレゼント交換を行いましたよ☺   このような感じでクリスマスは無事終わり、次はお正月とあっという間に2018年ですね。 クリスマス、年末にも関わらずお正月休みを使ってハルカに留学に来てくださっている生徒さんを見習って私も今年をしっかり締めくくりたいと思います。   皆さんも体調には十分注意してよいお年をお迎えください。 来年も張り切って!語学学校ハルカで皆様をお待ちしております☺   FACEBOOKにもにもたくさんの写真を掲載したので是非ご覧ください♡ https://www.facebook.com/hlca.english/

Teacher.Lian

Mao Matsumoto Uncategorized, インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さん、こんにちは! 語学学校HLCA インターン生のMaoです。 クリスマスが近づいて参りましたね~🎅セブはクリスマスムードでいっぱいです🎄💕クリスマスが祝日ということにわたしは驚いてしまいましたが、先生方は「日本はクリスマスに仕事があるの?」と驚いております。国が違うと常識もさまざまで面白いですね! ではでは!今日は当校の先生・スタッフ紹介、第8弾を書かせて頂きたいと思います😊 今回、紹介させて頂くのはGeneral Course English TeacherのT. Lian です。上の写真は先日のクリスマスパーティーでの写真です😊 T.Lianはいつも笑顔で明るく、授業中も笑いながら楽しくトークをしたり、また逆に一般英語からビジネス英語までを真剣に教えてくれるとてもメリハリのある先生です! 私もビジネス英語をT.Lianから教わっています!文章や会話がフォーマルで聞きなれない分難しく感じることもありますが、そんな時もイメージしやすい例を提案してくれたり、丁寧にわかりやすく説明してくれます。慣れていないビジネス英語を楽しく学んでいけるのはT.Lianのおかげです。 T.Lianは大学卒業後ずっとESLの先生として働いています。先生のプロフェッショナルですね!趣味を聞いてみたところ、アクション映画、ホラー映画鑑賞だそうで、かわいらしい見た目からは想像がつきませんが、アクオスティックソングを聞きながらお茶やコーヒーを飲むこと、犬と遊ぶことなども趣味だそうです♡素敵です♡   そんなT.Lianからの皆さんへのメッセージです。 To my future students,expect that some challenges await you,just think big thoughts and be optimistic in whatever you are doing,and i know you will overcome them. Just never give up and you will surely succeed.   ではではまた更新しますのでよろしくお願いします😊

セブで快適に過ごすには…

Mao Matsumoto Uncategorized, インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報, ハルカのいろいろ

みなさん、こんにちは!インターンのMaoです。 先週金曜日は語学学校HLCAのクリスマスパーティーでした★ ドレスコードはHawaiian🌺🌺 また次回クリスマスパーティーのBLOGも書かせていただきますね! 今日は…   少しだけまじめにセブの安全対策についてお話させていただきたいと思います! 今からセブの語学学校に通う方、もう既に滞在している方、何度も来ていて慣れている方にももう一度改めてフィリピンでの安全対策をしっかり確認していただけたらと思います! それではまず!基本となるフィリピンの地域レベルがどの程度か一度確認しておきましょう。 『治安が良くない』というイメージを持っている方も多いかとは思いますが、自分が滞在する地域がどのような地域なのか知っておくことはすごく大切です。     http://www.anzen.mofa.go.jp/ この表を見てわかる通り、フィリピンの中でも地域によって危険レベルが異なります。 セブ島の危険レベルはレベル1とフィリピンの中では一番低いレベルとなっております。 そして逆にミンダナオ島には絶対行ってはいけないことが一目瞭然ですね。 このように一見、セブ島であれば安心して問題ないように思えますが、アジアを広い目でみてみると、 http://www.anzen.mofa.go.jp/ やはり日本やほかのアジア圏の国と比べてもまだまだ治安が整っていないということがわかります。   では、そんなに危険な国なのかというとそういうわけでもありません。実際に犯罪件数も年々大幅に減少しています。私も半年以上セブに滞在をしていますが、スリや強盗などまだ危険な目にあったことは一度もありません。 ではどのような対策が必要かというところを簡単に見ていきましょう!   やはりセブでの代表的な被害報告はスリ、置き引きかと思います。 http://tabizine.jp/2017/07/23/143089/ 日本では席を取るために荷物を置いておいたり、チャックのついていないトートバックなどを持ち歩くことはごく普通のことかもしれません。 また道がわからなくて人に聞いた際、見せてと言われ携帯を渡してしまったり・・・   このようなことをするとセブでは携帯や財布が簡単になくなってしまいます。 どうして人のものを取るんだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちが持っているIPhone1つを盗んで売ることで、一年間の生活費が稼げてしまうなんていう貧困地域がまだまだ多いフィリピンならではの事情もあります。   また他にも知らないフィリピン人もしくは日本人だとしても、話しかけてきた人には絶対ついていかないようにしてください。 日本人を騙してお金を取ろうとする人たちは、見るからに怪しい人たちではなく家族ぐるみの犯行だったりします。   例えば・・・   生徒さんがレストランで食事をしている際、隣の家族が「日本人ですか~」と片言でフレンドリーに話しかけてきます。家族、まして子供なども一緒だと油断してしまいますよね。 ですがそれがカジノ賭博被害や犯罪に巻き込まれる始まりです。   またアジア地域は対世界人数比で、被害者ではなく加害者となる率が約2倍以上高いくなっています。 オーバーステイ、ボディタッチや子供への接触など日本と文化が違うので、何気なくした行動も逮捕につながります。 留置所→調査→起訴、最悪の場合実刑まで行きつくこともあります。 またそれを逃れるために示談金として100万円を払わなくてはならないなどというケースも実際にに起きています。   このような犯罪を防ぐのは、ちょっとした自己管理です。   ・自分の所持品をしっかり管理する。 ・知らない人についていかない。 ・犯罪が起きやすい場所には近づかない   このような最低限のことを守るだけでも十分安全に過ごすことができます! 自分の行動が事件事故を招くケースがフィリピンでは多いということを覚えておきましょう(^^)   外務省の安全対策HPを参考にするのもおすすめです。 ・危険情報 ・地域情報 ・医療情報 などいつでも確認できるのですごく便利です。http://www.anzen.mofa.go.jp/   ではでは長くなってしまいましたが、HLCAで皆さんをお待ちしております🌺  

週末ボランティア

Kazuki Tsukiyama インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報, ハルカのいろいろ

こんにちは。語学学校HLCAインターンのKazuです。 今回は社会体験スタディーツアーに参加した時のことについて書きたいと思います。ボランティア活動の内容は「スラム街から強制移住させられた家族が住む集落に行き、子供たちと遊ぶ、子供たちへ食事を提供する」というものでした。     集落への道中   日が陰り始めた15:00に(まだ暑い!)タランバン地区にあるフィリピンおなじみのJollibee前に集合でした。私たちが着いた頃には20名前後のボランティアのコーディネーターを含めた日本人、韓国人、フィリピン人がすでに集まっていました。遅刻はしておりませんよ!年代も様々で10代後半の人から60代と幅広い年代の人が参加していました。   点呼や軽い説明が終わり送迎用のトラックに乗り込みます。と、そのときインターン生のKazuは送迎用のトラックに興味津々!真っ先に後ろに乗り込みました(笑)。 その時の画像がこちらです。 うん?豚が送迎されているみたい…ってやかましいわい。豚がこの網の中に入れられて運送されているのはフィリピンではよく見る光景ですね。   トラックに揺られること15分くらい、街中からはだいぶ離れて山村部に入っていきました。すると、どこからともなく子供たちがたくさん出てきてボランティア一行を歓迎してくれました!子供たちが喜ぶ様子を見ると、本当にこの日を楽しみにしていてくれたということが伝わってきて「こちらもその期待に応えなければ!」という気持ちになりました。   私たちを乗せたトラックは集落にある幼稚園前に止まり、ボランティア一行は3グループに分けられた後に、現地の方に集落を案内してもらいました。   現地の子供とかわいい犬たちも歓迎してくれました(HLCAのオーナーYumiさんと背後霊的なインターンKazu)   現地の人に集落を案内されて思ったことは、とにかく貧しい生活をしているのだということ。生活水は川の近くにある井戸をみんなで共有して生活している、川沿いの砂利を集め街中へ行き、それを売ったりなどをして生計を成り立たせているとのこと…。日本での生活からは想像がつかないほどの違いがあり、衝撃を受けました。 しかし、そこで生活している人々は日本人が通勤ラッシュの電車に乗っているときのようにどんよりした感じではなく、常に笑顔で私たちを快く迎え入れてくれました。歌を歌って楽しんだり、バレーボールで楽しんだり…また集落全体で一つの家族という感じに生活しているように感じました。     子供たちとの時間   現地の人とのツアーを終え幼稚園に戻ると、たくさんの子供たちが迎え入れてくれました。     まずは、子供たちが元気よくダンスを踊ってくれました。ボランティア一行も子供たちにつられて一緒に踊っていました(笑)。 歓迎のダンスが終わったらお待ちかねの遊び時間!今日はシャボン玉で遊ぼう!と思いきや子供たちはシャボン玉での遊び方を知らないとのこと…。子供たちに液を飲まないようにと遊び方を教えてからみんなで遊びました。   中にはこんなに大きなシャボン玉を作れるようになった子供もいました。   遊び疲れてお腹もすいてきた子供たち。そろそろ食事の時間です! フィリピン人の90%以上がカトリック教徒なので食事の前に子供たちはお祈りをしていました。その間にボランティア一行はご飯の準備をしました。     子供たちと楽しそうに遊んでいたボランティアもみんな真剣な表情でコーディネーターの指示のもと配膳の準備を進めました。 子供たちのお祈りの時間も終わり、ご飯の時間がスタート!子供全員にご飯が行き届くようにボランティア全員必死に動き回っていました。   子供たちはおいしそうに食事を食べてくれました。   ご飯も終わり、片づけて本日の山村部集落でのボランティアも終了いたしました。         ボランティア活動を終えての感想   このようなボランティアに初めて参加したインターンのKazuですが、本当に衝撃を受けました。今急速に発展が進むフィリピンですが、貧富の格差は非常に大きいのが現実です。実際に大通りから1本隣の道に入るだけで全く違う場所に来てしまった感覚に陥ります。彼らに何ができるのかと考えたとき、自分にはほんの小さいことしかできないかもしれないが、少しでも多くの人々の力になりたいと思えるきっかけを与えてくれるボランティア活動となりました。     ボランティアの案内   このように当校はたくさんのボランティア情報を提供しております。興味のある方は是非留学された際に参加してください!   今回参加したボランティア団体は ”Sustainable Livelihood Project Cebu – SLPC” さんです。 http://go-cebu.com/weekend.html

Teacher. Maria

Mao Matsumoto インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さん、こんにちは。初めまして、 語学学校HLCA インターン生のMaoです。日本はすごく寒いと最近うわさで聞きましたが、皆様風邪は引いていませんか? セブは相変わらず暑いですが、私の周りでは風邪を引いた方が3人いらっしゃいます…日本にいる皆様はもちろん、セブにいる皆様も体調管理にはお気を付けください。では!今回初めて担当させていただく当校の先生・スタッフ紹介、第7弾を書かせて頂きたいと思います。 今回、紹介させて頂くのはGeneral Course English TeacherのT. Mariaです。T.Mariaはファッションも性格も日本人のようですごく親しみやすい先生です!ちなみに好きな俳優も岡田将生さんだそうです。 まじめに一つ一つの授業に取り組んでいる姿が印象的です。私もGrammarをT.Mariaに教わっていますが、理解しきれない文法があった際、教科書以外にもわかりやすい資料を準備してくれたり、授業終了チャイムが鳴っても生徒がしっかり理解するまで授業を止めずに説明を続けてくれる、生徒の学びを一番に優先する先生のお手本のような先生です! 大学でSpecial Educationを専攻し卒業後、オンラインEnglish Teacherとしての経歴を経て現在はハルカでジェネラルコースの先生として働いています。幼稚園の先生をしていたこともあるそうで、優しい子供思いな先生であったことが容易に想像できます!趣味は本を読むこと、映画鑑賞、歌うこと、踊る事と多趣味です。 では最後に、チャーミングで魅力いっぱいのT.Mariaからこれから生徒として来て下さる皆様へのメッセージです。 Learning English is a process.There are no shortcuts to real success.Be patient and persistent and you will surely be victorious.

Teacher. Jean

Kazuki Tsukiyama インターン生や留学生のブログ, ハルカのいろいろ

皆さんこんにちは。初めまして、語学学校HLCAインターン生のKazuです。12月になり街中がクリスマス一色になってきましたね!フィリピン人のほとんどはキリスト教なのでクリスマスの盛り上がりがすごいです。もちろん12月25日は祝日です。(当の本人は暑くてクリスマス気分になれておりません…haha) さて、お待たせしておりました先生紹介を続けていきたいと思います。今回は第6弾 Teacher. Jean です。 彼女はセブにある大学で看護について学んだ後、英語の先生として語学学校で6年間働いています。HLCAでは1年以上働かれています。ESL講師としてのキャリアが長い彼女ですが、「他の語学学校とは違いHLCAは医療専門コースもあるので大学で学んだことも生かせて仕事にやりがいを感じている」とのこと。彼女の自由時間の過ごし方は映画観賞やインターネットでニュースを読むことだそうです。また、新しいことに触れたり探求したりすることも好きなようです。すごく知的!   彼女はすごくオープンマインドなのでどんな話でも気楽に話すことができます(笑)。授業中はもちろん授業後も会話が尽きません。もし会話中に間違えを見つけたら鉄は熱いうちに打て!精神で指摘してくれるのですごく助かっていますっ!! そんな Teacher. Jean にコメントを頂きました。 Hello, my name is Jean and I work in HLCA as a Medical and General teacher. I’m proud of teaching English because I would like to share my knowledge and help students to enhance their skills. Learn with pleasure in HLCA. Come and learn with us!  

留学後英語力をキープするために私がしていること

Emiri Dolin Uncategorized, インターン生や留学生のブログ

皆さんこんにちは。語学学校ハルカのEmiriです。 私は2015年10月より半年間ハルカにてインターン生として勤務していました。 今回、一ヶ月だけ短期助っ人スタッフとしてハルカに戻って勤務し、その後また改めて生徒として短期間学習することにしました。 ここで今留学を考えている皆さんの参考になればと思い、留学をしようと思った経緯、最初のインターンシップを終えて感じたことや、留学やインターンシップ後の日本での生活の変化、英語力の維持方法、再度授業を受けて見ようと思ったきっかけなどをお話しようと思います。少し長くなりますが、良かったらお付き合いください(^u^*) 留学をしようと思った経緯 私は父親がアメリカ人ということもあり、耳は英語に慣れていました。しかし生まれ育ったのは栃木県宇都宮市。地方ということで、英語を使う機会はなかったので英語を話す努力をしたことはあまりありませんでした。というよりも、子供の頃はハーフということがとてもコンプレックスで英語を拒否していました。 家での会話は父親が英語で私に話しかけ、私は日本語で返事をする。 なんで聞き取れるのに英語を話せないの?とよく聞かれましたが、やはりトレーニングをしないと外国語は話せるようにならないのです。これはハーフあるあるだとおもいます。 月日はたち大人になり、私の趣味は海外旅となりました。 今でも忘れない、24歳の時に友人と行ったロサンゼルス旅行での出来事。私は友人と大人なバーに向かいました。ワクワクした気持ちでバーカウンターに行き私の大好きなカクテルを頼みました。しかしバーのマスターは私の英語を聞き取ってくれません。挙句の果てには何を言っているのかわからないから出ていってくれと言われてしまいました。バーに行くことをとても楽しみにしていたのでその時のショックさと行ったらもう…そのお店ははローカル感が強く観光客が来るような場所ではなかったのですが、とにかく本当に悔しかったです。 この時に私は、25歳までに英語を話せないハーフは卒業しようと決意しました。私が留学しようと思ったのはこんなひょんなことがきっかけでした。 最初のインターンシップを終えて感じたこと、生活の変化  まず私が感じた変化は、英語を話すことへの恐怖感がなくなったことです。フィリピン人も英語を第二言語として学んで習得したものなので生徒が英語を話せなくても優しく受け入れてくれます。これは英語初心者にとっては嬉しいことですよね。 最初は自分の英語の間違いを気にしてしまい常にもじもじとしていましたが、気づいたら先生と冗談を言い合うくらい英語でおしゃべりすることが大好きになっていました。また何と言っても、大好きな海外旅行への不便さを感じなくなったことが一番嬉しかったです。ホテルなどに泊まる際、以前は常に辞書片手に持ち、調べた言葉を丸暗記して使っていましたが、インターン後は頭で考えてスラスラと話せるようになっていました。バーなどに行っても現地の人や他国から来た観光客と仲良く話すことができ、最高の旅の思い出つくりができるようになったのです。 帰国後は栃木県から東京都に引っ越しました。東京は世界中の観光客が集まるので、駅などで困っている方がいると自分から話しかけて旅の手助けをすることができるようになりました。私が海外旅行に行った際も沢山の人に助けられたので、私自身も人を助けるようになれたことが誇らしかったです。 今の自分なら、あのロサンゼルスのバーに出向き、自信満々にカクテルを頼めると思います。 やはり、英語の基礎を学ぶことは英語を話すための自信に繋がりました。   日本での生活の変化・英語力の維持方法   留学をやインターンシップを終えた直後は誰でも<帰国しても毎日英語の勉強をしよう!>とやる気に満ちていると思います。 しかし環境が留学前と同じものに戻るとなかなかそうは行きません。日本語しか使わない毎日に戻ると、覚えたはずの英語はどんどん忘れてしまします。 実際に私もそうでした。毎日スカイプレッスンを受けるぞ〜と意気込んでいましたが仕事をするようになると忙しくてなかなか勉強することができません。 焦った私は英語脳に戻すため、電車での通勤時間にお気に入りのyoutuberのショートレッスンを見るように心がけました。数分の短い動画ですが、英語学習へのモチベーションにを上げると共に、一日のテンションを上げることにも繋がっていました。 休日の過ごし方としてはお気に入りのカフェに行って自分の好きな曲を翻訳する作業を行っていました。好きな場所にいることでリラックスすることもできますし、翻訳をすることによって自分の好きな曲への感情移入がさらにできるので苦に思うこともなく楽しく続けることができました。 私の場合、曲を選ぶ際はなるべくゆっくりとたものにしました。個人的にはEDMやHIPHOPなどの速いテンポの曲も好きですが、簡単に口ずさめるようになれる曲から始めることが良いかもしれません。ちなみに私のお気に入りの曲は(少し古いですが)Lionel richieのI call it love とBobby McFerrinのDon’t worry be happyです。 Don’t worry be happyにおいては、とあるコーヒーのCMでも使われていた曲なので皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。単調な曲で簡単な言葉を繰り返すので覚えやすいかと思います。歌詞もとてもポジティブなのでオススメです。 比較的古いラブソングは覚えやすいものが多いです。 また、映画が好きな人はお気に入りの映画を研究するのも一つだと思います。まずは日本語字幕付きで見る→英語の字幕つきで見る、このときに気になったフレーズをメモしておく→そのメモの英語を調べる→また日本語字幕付きで見る。 これをルーティン化していくと、そのお気に入りの映画を字幕がなくても理解できるようになっていきます。ここでの注意点は、アクションや戦争映画などの難しい英語表現を使っているものではなく、ラブコメディーなどの日常英会話が多いものも見ることです。 教科書を使って勉強したり、英会話塾にいくことももちろん大事ですが、英語へのモチベーションを保つために自分の好きなものを研究することも大切だと思います。 再度授業を受けて見ようと思ったきっかけ 今回また一年半振りにセブ島でお仕事をしましたが、丁寧な言い回しの英語表現を忘れているなと感じました。旅行などではカジュアルな言い方でも問題はありませんが、仕事で使うとなるとそうはいきません。人に何かをお願いするときや、上司との会話での表現をよりスムーズに行えれば自信をもって仕事に取り組めると思います。また、社外の方と英語でメールのやり取りをお願いされた際に、インターネットで調べながら文章を考えたのでにとても時間がかかってしいました。 この件をきっかけに、もっと基礎英語を強化し、ビジネスにおいて失礼に当たらない英語表現を改めて身につけたいと思いました。 初めて留学に来たときは<英語を話せるようになりたい!>という漠然とた目標しかありませんでしたが、今回は何を学びたいか明確になっているのでさらなるスキルアップを望めると思います。   いかがだったでしょうか?以上が私の経験談になります。 留学前の意気込みを忘れずに、帰国後も英語勉強に励むことが何よりも大事です。 セブ島での留学生活を自分の将来に意味があるものにしてくださいね(*^^*)