映画を観てきました。

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

皆さん、こんにちは。 語学学校HLCAインターン生のHideです。 先週の金曜日、セブ島は祝日で学校はお休みでした。 生徒さん達と、学生寮、コンドミニアムホテルの近くにあるカントリモールでホラー映画”ANNABELLE”を観て来ました。 もちろん日本語字幕、吹き替えもありませんし、すべて英語です。 リスニングのいい練習機会になりますね。 実はこの映画、日本ではまだ公開されていません(日本公開日は10月13日)字幕とか吹き替えに、時間が掛かるんでしょう。 ここがカントリーモールです。モール内には沢山の飲食店があります。 上映まで時間があるので、フードコートにてレチョンを食べました。(ランチセット・ジュース付P100) 正面入り口から2Fに上がり、右側部分が映画館です。6個程スクリーンがあります。 写真が受け付けになります、ここでチケットを購入します。 館内1階席はP150、2階席はP175です。 アヤラモールで同じ映画を観るとP230らしいので、お得ですね! チケットを買ったら、ここでお菓子、ポップコーンやジュースなどが購入できます。 僕はポップコーンP50、ジュースP20を購入。 館内の写真は撮れませんでしたが、かなり広いです。日本の映画館と同じ造りで椅子も柔らかく、席幅も十分でした。 館内はガラガラなので、席も自由に選べます。ただクーラーが効いているので上着をお忘れなく! 映画の方ですが、今回はあまり内容を理解できませんでした….、自分の英語力の無さを痛感させられます。 次回はもっと内容を理解できるよう、今後勉強を頑張りたいと思います。 最後までお読み頂きありがとうございます。  

週末Short trip

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

こんにちは、語学学校HLCAインターン生のHideです。 先週の土曜日の事なのですが、セブの友達とカーメン地区にあるDurano Eco Farmに行ってきました。 友達が言うには温泉があり、リラックス出来る!との事なので日本人の僕はとても楽しみにしていました。 朝5時に集合してジプニーにてNorth Bus terminalに向かいました。 ここからCarmen行きのバスに乗ります。(黄色のエアコン付のバス) バス代1人P60、約1時間ほどでカーメン パブリック マーケットに到着し下車します。 (エアコンが効いているため、長袖は必須です) パブリック マーケット、その周辺には沢山のお店があるので、ここでご飯やジュースの買出し等を済ませてから行くのがBetterです。 買出し等が済んだら、バイクタクシーにて目的地を目指します。 途中の山道は舗装されていない所が多々あるので怖いです。 1人片道P50、約10分で到着します。 入場料(P60)を払い入場し山道を下って行きます、下った先には…….大自然の中に綺麗なプールが何箇所もあります。 自然に囲まれていて気温も涼しく、プールの水温もそんなに低くない為、避暑地としては最高ですね。 隣には川が流れて遊ぶ事も出来ます。 プールの周りでテーブル(P300)コテージ(P1000)ツリーハウス (P1200)が有料で借りれます。 ここに遊びに来ていた方々は、BBQをしたり、食べ物を持ち込んでパーティーをしていました。 肝心の温泉なのですが…….ここには無いそうです。友達が思いっきり勘違いしていました。 Durano Eco Farmはシティから片道2時間程で行け、バス等の移動費もそんなに高くありません。 大自然の涼しい中でゆっくり出来るのでオススメです。 皆さんも機会があれば行ってみてください。

コロン通り、カルボンマーケットに行ってきました

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

皆さん、こんにちは。 語学学校HLCA インターン生のHideです。   セブは月曜日が祝日だった為、3連休でした。 その3連休を利用して、生徒さんとコロン通り、カルボンマーケット買い物ツアーに行ってきました。 コロン通りはフィリピン最古の通りとして有名で、シティーの南に位置しています。 現在も日用品、食材など安く買える為、とても賑わってますが、アヤラモール等が出来るまではもっと栄えていたそうです。   朝10時に生徒さんとBTCモールに合流しました。 ここからタクシーにて ”コロン通りのMETRO” に向かいます。 乗車時間は20分程度、タクシー代は約P110です。   到着しコロン通りを散策しながらカルボンマーケットに向かいました。 携帯や日用品などのお店が歩道にあり、人も沢山いる為とても歩きにくいです。 途中で地元の人に道を聞きながら、歩いていると馬車を見ることが出来ました。このへんには沢山の馬車が活躍しています。 カルボンマーケット到着し散策します。途中で細い道に入って行くと子供達が水浴びをしていました。 マーケットには野菜、果物からお肉、生花、服、魚介類、お米などいろいろな物が揃っていて非常に便利です。 みんなでぐるぐる回りながら、サンダルP100 、ズボンP80、キャベツP25、ドリアンP100、ランプ-タンP120でGETしてきました。 約3時間ほど散策しBTCモールに戻ってきました、生徒さん達もショッピングを大変楽しんでくれてましたし、何のトラブルも無く帰って来れたので良かったです。 また時間があれば、皆さんと行きたいと思います。 最後までお読みくださりありがとうございます。  

オスロブ(ジンベイ)からモアルボアル(ウミガメ)へのツアー!【格安】 HLCA

Yuji Nemoto セブ島生活情報

こんにちは! 今回はセブを代表する観光地、オスロブでのジンベイザメウォッチツアーと、 モアルボアルでのウミガメウォッチツアーを日帰りで行ってきました! ついでにマゼランズクロスとサントニーニョチャーチも! さらに、通常この手のツアーをツアー会社さんで頼むとかなり高額になってしまうところ、 半額以下の値段に抑えて実施できました!そのコツなんかもお伝えします!   セブ市内出発 オスロブ~ジンベイザメツアー オスロブ出発 モアルボアル~ウミガメウォッチツアー モアルボアル出発 1.セブ市内出発 【朝5時】 セブ市内を出発します! この時、時刻は朝5時! オスロブへ行く方法は、 ツアーで行く(ツアー会社の車) 公共バスで行く などが一般的ですが、今回はバンをレンタルしました!運転手さん付き! これ、もちろん公共バスよりは高いんですが、メリット満載です。 【メリット】 公共バスより早く到着できる(途中で止まらない、順番待ちしなくていい) 好きな時に休憩出来る 寝れる! 冷房管理も自由にできる 寄りたい所にちょっと寄れる 観光地についても荷物を超安心して置いておける 荷物量を気にせず持ち運べる 着替えも出来る 寝れる! 行きと帰りの分で寝れる!が2回出てきてしまいましたが、それほど便利です。 また荷物や貴重品の管理などを気にしなくていいところも、バンレンタルの素晴らしいところ! 【デメリット】 公共バスよりは高い とは言え!これも人数が増えると、実は限りなく下げることが出来ます。 そもそも公共バスの場合、 まずバスターミナルに行くためのタクシー代が往復で200ペソから300ペソかかります、 また、公共バスも往復で300ペソぐらいかかります。 バンレンタルについては時間制ですが、上記に500ペソから1000ペソ追加ぐらいの差です。 もちろんこの差を大きい!と見ることも出来ますが、 上記のメリットを考えると、案外バンレンタルのほうがいいとご理解頂けるかと!超快適です! なお今回は、こちらのゲストハウスのどかさんにお願いしました! 価格も安く、バンも綺麗でベテランドライバーまでついてくるのでおすすめ!   途中休憩を取りつつ(バンレンタルなので好きな所で休めます!トイレも!)、 オスロブを目指します。 レンタルバンなので中でゆっくり、荷物などを気にせずに寝れました!   2.オスロブ~ジンベイザメツアー【朝8時~10時】 朝8時頃にはオスロブに付くことが出来ます。 少し早いようですが、 場合によっては10時半には締め切られる事があるらしいので、早めがおすすめです! (何時間もかけて行って、見れなかったら悲しいですからね、、、) まずはジンベイザメツアーを申し込みましょう。 レンタルバンの場合、運転手さんが知っているツアー会社の入り口まで連れて行ってくれるので安心! ツアー料金は 1人  1200ペソ(ライフジャケット、シュノーケリング等込) その他 ・フィン 100ペソ ・水中カメラ 550ペソ 特に水中カメラがおすすめです! これは、水中カメラをレンタルし、かつグループに専属のフィリピン人カメラマンが付いてくれる形になります。(船の船頭さんが一緒に潜って撮ってくれる感じ) ちなみに、静止画のみです。 私は自分でも水中カメラ持っていましたが、こちらは動画に使い、静止画はプロに任せました! しっかり取りまくってくれるので安心です。 ちなみに、人数が多い場合2つの船に別れたりすると思いますので、 その場合カメラの台数も増やすほうがいいかと思います。   ツアーの流れ 申し込みが終わったら、着替えましょう。 レンタルバンなら着替えも、着替え後の荷物もバンの中にすぐしまえるので楽です! なお、ジンベイザメのポイントは船で行きますが、とても小さい船なので、 極力荷物はゼロか、小さい防水の袋にいれたものだけにしましょう。もしくは濡れてもよいものだけ!   準備が整ったら受付にその旨を伝えて、受付に連れて行ってもらいます。 受付では、名前と国籍をそれぞれ書いた後、 ツアーにおける注意書きを読まされます。これは日本語もちゃんとありますので安心。 大事なポイントはこんな感じ。 ジンベイザメに触らないこと ジンベイザメのために日焼け止めなどは落としてから舟に乗ること …

【2017年版】日本出国から フィリピン入国・HLCA 空港ピックアップまで解説!

Yuji Nemoto セブ島生活情報, ハルカのいろいろ

こんにちは! HLCA インターンのYuji です! HLCA に留学を決定された方、もしくは予定されている方で、 「じゃあ実際に出国から到着、ホテルや寮までってどう行くの!?」と思われてる方もいるんじゃないでしょうか! 今回はそこらへんについて書いてみます。 (※リンクセブからのお帰り・出国の方法についてはこちらからどうぞ!) (※今回の記事の内容は2017年7月時点の情報になります。また、日本から国際線ご利用を想定しています。) また、事前の準備等については、 HLCA から事前にお送りしているガイドブックをご確認下さい。 日本からの出国について 到着から空港の外に出るまで ピックアップ 宿泊施設へ 1.日本からの出国について フィリピンに来る際に気を付けないといけないことがあります。 それは、フィリピンからの出国チケットがあるか確認されるということです。 これは基本的に、日本からの出国時に聞かれます。答えられるように準備しておきましょう。 その他持ち物等については、こちらをご確認下さい。 また、飛行機内で入国用書類(Arrival Card等)を配られます。 書き方については、 HLCA からの入学ガイドブックにも書いてあります。 飛行機内は通信できないため、日本の空港にいる間に手元の端末・スマートフォンなどにダウンロードしておきましょう。こちらもご参考まで。   2.到着から空港の外に出るまで (健康チェックシート提出)※2017年7月時点では無くなっていました。 イミグレーション 預け荷物の受取 (関税チェックシート提出)※2017年7月時点では無くなっていました。 到着後、まずはイミグレーションに向かいます。 マクタン・セブ国際空港では到着後の看板などがやや少ないですが、国際線で到着した乗客は全員イミグレーションを通りますので、焦らず他の乗客と同じように進んで下さい。 イミグレーションにて ここでは、基本的にパスポートと記入済みのArrival Cardを渡します。 記載内容に不備があると、近くのテーブルで書き直してくるように言われるようです。 また、期間や入国目的などを聞かれる可能性があります。 その場合「◯ weeks」「観光/Sightseeing」と答えましょう! 「え、留学なのに”観光”なの?」 と思われた方、これには理由があります。 ・フィリピンで留学する場合、「観光ビザで入国してから、SSP(特別就学許可証)」を入国後に取得する。 というのが、正しい流れなのです。 なので、入国時は観光として入国し、語学学校(この場合 HLCA )に入学後、 HLCA が皆さんのSSPを代行取得致します。 SSPはすべての留学生の取得が必須で、語学学校が代行して取得することが義務化されています。   荷物受け取りエリアにて イミグレーション無事通過後、すぐ近くに荷物受け取り場がありますので、荷物が出てくるのを待ちましょう。 トイレも近くにあるため、イミグレーションを早めに通過した方はトイレにもいけます。 荷物受け取りエリアから、イミグレーションとは反対方向に外へ出る通路(といっても、ほぼオープンなエリアですが)があり、また各フィリピン通信会社のSIM購入場所・両替所・ATMなどがあります。 その先にExitがありますので、すべての準備が整ったら外に出ましょう。 3.ピックアップ 空港の外に出ましたら、上にこんな看板が見えます。 この道路は横断せず、右に向かいましょう。 こちらです。先に進むと、多数の語学学校ピックアップ関係者、ツアーやホテルの出迎え担当者が見えてきます。 写真の奥にたくさんの人がこちらを向いているのが見えるでしょうか・・・! この中に HLCA 出迎え担当者もおります! HLCA のロゴを探して頂ますようお願いします! 4.宿泊施設へ 出迎え担当者と合流後は、 荷物積み込み後、 直接ご宿泊のホテル・寮へ向かいます。 基本的にチェックイン等は HLCA スタッフが行いますので、 ご安心下さい! この日は、 施設の簡単なご説明と、 授業初日についてのご説明をさせて頂き終わりとなります。 …

【2017年版】マクタン・セブ国際空港からの出国方法・手続き解説【お土産購入手引付き】 HLCA

Yuji Nemoto セブ島生活情報, その他

こちらの記事では、マクタン・セブ国際空港からの出国の流れをご説明します! HLCA や語学学校に留学されていた方、旅行/バケーションでセブ島に来られていた方、 出国の際の不安を解消されるためにも、是非この内容を事前に確認してください! (※リンク 日本出国からフィリピン入国についてはこちらの記事をご参照下さい!) 特に、移動中にインターネットが使えないなどの可能性がある場合、Wi-Fiがあるうちに熟読しておいて下さい! 空港のWi-Fiも確実に使えるとは言えないため、しっかり準備されるのがおすすめです!   空港到着~チェックイン 空港利用税の支払い 手荷物検査~イミグレーション 出発ロビー~出国 【付録】お土産購入ポイントと値段の比較! 1.空港到着~チェックイン まず空港に到着したら、どのチェックインカウンターエリアに進むか確認しましょう。 確認方法は、各入口前にこのような航空会社ごとの表示があるので、それを見れば簡単でしょう。 (今回の写真はバニラエアで利用したエリアの写真になります。各エリアで多少の違いはあるかと思いますのでご了承下さい。流れは同じです。) また、セキュリティ・ガードや空港職員に聞いてもわかります。 建物入ってすぐのエリアには軽食エリアや、お土産屋さんがあります。 チェックインカウンターに進む前に簡単な手荷物検査があります。 手荷物検査場に進む前に、当日のチケットを持っているかチェックされますので、準備しましょう。 私はスマホの画面しかなかったのですが、問題ありませんでした。 指示に従い、手荷物等をレーンに流してチェックしてもらいましょう。 通過すると、広いチェックインカウンターになります。 まずはチェックインを済ませてしまいましょう。 対応する航空会社のカウンターに進み、パスポート/チケットを提示してチェックインします。 ここで重たい荷物から開放されます! トイレなどもあるため、空いている時間に利用しましょう。 こちらにお土産屋さんや軽食、スタバもあります! 2.空港利用税の支払い 次に、空港利用税を払ってしまいましょう。場所はチェックインカウンター付近にあります。 こちらは全員必須です。チェックインカウンターで貰ったボーディングパスを渡す形になるので、チェックインのあとに行います。 750ペソを現金で用意してください。 現金のみ、ペソか米ドルが可となっていますが、恐らくペソで用意して頂くのが最善でしょう。 支払うと以下のような領収書がボーディングパスにホチキス止めされます。 これをあとでチェックされますので、このタイミングでしっかり領収書貰ったことを確認しましょう。 3.手荷物検査~イミグレーション 空港利用税支払後、手荷物検査場へ向かいます。 また、手荷物検査場に進むには、このような自動の機械にボーディングパスを読み取らせる必要があります。手に持っておきましょう。下の写真のバーコード部分を読み取らせます。 その後、手荷物検査を受け、(靴を脱ぐ、ベルトを外すなどは指示されます。)対応するゲートに進みます。 手荷物検査後に空港利用税を支払ったかチェックされます。 ボーディングパスにホチキス止めされているはずですので、そのまま見せましょう。 その後イミグレーションに進みます。(写真は撮影禁止のため取っていません。) VISA期限等に問題なければ、何もなく通過出来るはずです。 最悪VISAが期限切れの場合、違反金などについてここで言われ、現金支払いを言い渡されるはずです。どうしても心配な方は、ここまで現金を保持しておきましょう。 4.出発ロビー~出国 ここまで来れば、あとは出発時刻を待つだけです! 免税店、両替所、お土産屋さん、軽食の食べられるお店、ラウンジなどがあります。 食事は基本高いので覚悟しましょう・・・! スペースは広く、ゆったりと待つことが出来ます。 出発時刻30分前頃から搭乗可能になるかと思いますので、下記のようなゲート前のエリアに進んでおきましょう。 このエリアにはマッサージ店などもありますが、驚きの価格です。(市内の3倍から4倍程度かと) また個人的に、セブで初めて自動販売機を見付けて驚きました。お札入るんだろうか、、、。 時間になったらボーディングパスを見せて、搭乗します!よい旅を!   5.【付録】お土産購入ポイントと値段の比較! 今回、超定番お土産、7Dのドライマンゴー(チョコがけバージョン)の値段比較を行いました! チェックポイントは以下3箇所。 <1>空港の建物入ってすぐ <2>チェックインカウンター付近 <3>イミグレーション後   それぞれ値段を見てみると、、、 <1>180ペソ、<2>120ペソ、<3>7.5ドル(380ペソ)という驚きの結果に・・・! 参考までに、7Dの工場(ASフォーチュナ通り付近)ですと78ペソでした。 今回はこちらの商品のみですのですが、結果はチェックインカウンター付近がおすすめということになりました!   今回は出国に関連した手続きを簡単にご説明致しました! この記事は2017年7月現在の情報になりますので、その後変更になる可能性もあります。 出国前には是非最新情報をチェックして、ゆとりを持って出国しましょう!   それではまた! HLCA Yuji

セブ島で健康診断を受けてみた! HLCA

Yuji Nemoto セブ島生活情報, その他

こんにちは! セブの英語語学留学 HLCA Happy Life Cebu Academy のインターン、Yujiです! 本日はセブ島にて健康診断を受けてきましたので、 その内容を記載してみます! セブで健康診断を受ける必要がある方は、主にこんな方々でしょうか。 求人応募のため 日本で個人で受けるより安く済むため JICA 青年海外協力隊 に応募するため ココらへんが一般的な健康診断受診理由かと思います! <本日のコンテンツ> 健康診断の予約、事前の準備、料金 当日の訪問 検査病院(血液検査、レントゲン、心電図、採尿等) 聴力検査 視力検査 医師の問診 [恐怖]HLCA看護師生徒による健康診断結果レビュー 1.健康診断の予約、事前の準備 今回の私のケースでは、JICA の青年海外協力隊に応募するための健康診断になるため、 指定の様式で医師に診断結果を書いてもらう必要があります。 血液検査の種類や他の検査項目、書き方や書式を合わせてもらうという要望についてなど、 すべて自力でというのはなかなか難しく、 また期限もほぼ1,2週間のうちに完璧に記載し結果を受け取る必要がありました。 幸運なことに、現在当校 HLCA に留学されているSugiさん(ブログはこちら)が JICA の 青年海外協力隊経験者 で、 さらに、その  Sugi さんのお友達で JICA 青年海外協力隊経験者 が病院(チョンワホスピタル)の JHD に勤務されていたのです! そのため、こちらが JICA の期限上余裕が無いことや、検査項目について完璧にカバーしないといけないことなど、様々説明が必要なところを一瞬で把握していただける幸運に恵まれました! そんなわけで、今予約はチョンワホスピタルの JHD にご連絡されるのが一番確実です! チョンワホスピタル JHD 電話0917791217 メールアドレス chh@j-helpdesk.com 事前の準備としては、会社や応募先の団体から指定の様式が提示されている場合、それを準備しましょう。 また学生であれば、IDを準備し、最後に受診用の料金を準備しましょう。 それぞれの料金については、以下の価格でした。 血液検査、レントゲン、心電図、採尿等・・・3,220 PHP 視力検査・・・500 PHP 聴力検査・・・250 PHP 医師の診察・・・1,500 PHP それぞれ個人の検査項目によって異なりますので、参考までに。 また、検査項目によっては前日の夜から食事制限などが発生しますので、 JHD スタッフの指示に従いましょう!!!   2.当日 担当の方と相談された日時に受付に伺いましょう。 チョンワホスピタル付属のJHDは、ロビンソンズサイバーゲートの4階、426号室にあります。 こちらの426号室に日本人スタッフさんと、フィリピン人のスタッフさんが常駐されています。 まず受付で簡単に氏名、年齢、学校などを記入します。 その後、検査の内容や検査シートを再確認のうえ、検査の流れを説明して頂けます。 …

【週末バカンス】今週は世界有数のビーチでフィリピンガールと戯れたかった話。

Yuji Sugiyama インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

モアルボアルとはセブ・シティの南西にある世界有数のビーチです。欧米からくるダイバーが多いのですが近年では日本人ダイバーも増えているそう。セブ・シティから長距離バス利用で2~3時間で到着します。今回の目的地はモアルボアルの”ホワイトビーチ”です。

【セブ観光】Temple of Leah(テンプル・オブ・レイヤー)までバイク・タクシーを使っていきました。

Yuji Sugiyama インターン生や留学生のブログ, セブ島生活情報

この展望台から街を一望することができます。帰りもバイク・タクシーを使って街中のJYモールまで向かいます。バイクの運転手が、若いためか英語を全く話せず、フィーリングで価格交渉や目的地をつたえました。ヘルメットを被っていなかったのが印象的です。