留学生に人気の観光スポット ~カモテス諸島~

Hidemasa Atsumi Uncategorized, インターン生や留学生のブログ, その他

皆さん、こんにちは。 語学学校HLCAインターン生のHideです。 今回は週末に行ってきた、カモテス諸島の旅について書きたいと思います。カモテス諸島はセブ市内から3時間程で行け、綺麗なビーチや湖、洞窟があり一日では回りきれないほどの観光スポットがあります。 またとても綺麗なサンセットや星空が観れるということなので、とても楽しみにしていました。 《カモテス諸島とは》 フィリピン中部ビサヤ諸島の中央部、レイテ島とセブ島に囲まれた小さな海域、カモテス海に浮かぶ4つの島(パシハン・ポロ・パンソン・トゥラン)からなる諸島だそうです。 今回僕が観光・宿泊してきたのはカモテス諸島の西にある、パシハン島と言うところです。おそらくほとんどの観光客の方は、この島もしくはお隣のポロ島で観光や宿泊をしていると思います。   《カモテス諸島への行きかた》 カモテス諸島への行き方は3つの方法があります。 1. セブ市内からジプニー、またはノースバスターミナルからバスでダナオの港まで行きます。(市内からバスでP60 乗車時間1時間程) ダナオの港からフェリーに乗船。(片道エアコン席P200 乗車時間2時間)※学生IDで学割がありました。 2. Fort san pedro近くのPIER1からもカモテス行きのフェリーがあるそうです。(片道P500 利用していない為乗車時間不明) 3. 最後は今回僕が利用した、マクタンからの行き方です。今年の4月から利用出来るようになった路線で、あまり皆さんに知られていないと思いますので紹介したいと思います。 まずはタクシーでマクタン空港近くのIsland Central Mactan mall に朝7時に到着するように行きました。Mall入り口のガードマンにフェリーの事を伝え、オープン前のMallに入場します。 一階にあるチケット売り場にて名前や国籍などを記入し、チケットを購入する事ができます。料金は片道P350でエアコンの席を購入しました。チケット購入後はJolibeeやセブンイレブン、マックなどがMall内にあるので、早めに行って出発時間までゆっくり朝食を取ることをオススメします。 朝食を済ませ出発時間が近づいてきたら、モール沿いを歩いて港に向かいます。 こちらが運行時間になります。平日は1日2便、週末は3便運行しております。参考にしてください。 僕は朝9時発のフェリーを利用し、定刻の10分遅れで出発しました。 船内はエアコンが効いていて、映画が放映されていました。 座席も思っていたより広く、座り心地も快適です。映画を観ていたらあっという間に(1時間20分程で)カモテスの港に到着しました。 《港からの移動》 港に到着し船を下りると、たくさんのジプニーやバイクタクシーが待機しています。ここでドライバーと値段の交渉をして目的地まで向かいましょう。 僕は宿泊先を確保する為に、まずはバイクタクシーを利用してサンティアゴ・ベイガーデンリゾートホテルに移動しました(一人P50)。 《ホテル》 部屋があるか少し心配でしたが、ホテル受付にて宿泊可能か確認したところ数種類のタイプの部屋が空いてました。スタッフにお願いをして、いろんなタイプの部屋を見せてもらいOcean viewタイプの部屋(P1700/1泊)を選びチェックインしました。日本のインターネットホテル予約サイトで予約するより少し安く宿泊できたと思います。 部屋からは海が一望でき目の前にはプールがあります、プールの奥を歩いて行けばホテルから数分で直接海に行くことが可能です。 ホテルにはレストランが一箇所あり、海を見ながら食事が楽しむ事が出来ました。ここのレストランの料理はとても美味しく、ボリューム満点でした。値段も高くないので頼みすぎには注意が必要です。   昼食後はホテル目の前にあるSantiago White Beachで遊びました。遠浅で白くて広い砂浜がある綺麗なビーチです。ここのビーチは観光客や地元の人も少なく、静かでゆったり出来る場所でした。 ここでは地元のおじさんにカヤックをレンタルして、少し離れた所でシュノーケリングを楽しむことも出来るそうです。 そして夕方からはバイクタクシーを使って、もう一つのビーチMangodlong Beachに行ってきました。ここは綺麗なサンセットが見れるビーチだそうです。 サンセットを見たくて来たんですが、厚い雲に覆われて見えませんでした。ですが、ここのビーチは整備がしっかりされていて、とても綺麗なビーチでした。 2日目の朝はホテルのプールで遊んだ後、チェックアウトをしてバイクタクシーにて洞窟へ向かいました。 受付にて入場料とライフジャケット代(一人P30)を支払い、ライフジャケットを装着して洞窟に向かいます。 洞窟内の水深が深い所で8フィート(2.4メートル)程あるらしいので、泳げない人はライフジャッケトをレンタルしたほうが安全ですね。 洞窟の入り口です。 洞窟内は足がつかないので、泳いで進んでいきます。入り口から数メートル進むと通路が徐々に狭くなっていきます、狭い通路をさらに進んで行くと広い空間に出ることが出来ました。水が冷たいので長い時間は遊べませんが、水がとても綺麗なのと、洞窟を探検したような気分になれるので、とても楽しむ事ができました。   今回僕は2箇所のビーチと1箇所の洞窟に行き遊んできましたが、カモテス諸島には他にも綺麗なビーチやたくさんの観光スポットがあり、1泊2日では時間が足りませんでした。また今度、時間がある時に再度行きたいと思っています。 ぜひ皆さんも、留学期間中の週末に遊びに行ってみてください。

看護学生Sさん 1ヶ月留学体験談インタビュー

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

皆さん、こんにちは。 語学学校HLCA インターン生のHideです。 今回は卒業生へのインタビューです。この卒業生の方は当校Medical Englishコースを1ヶ月受講されました。入学時のレベルはPre-intermediateでしたが、1ヶ月後のテストでは2ランクアップのAdvancedにまで成績が伸びていました。Sさんの努力の成果ですね!! そんな彼女に今回いろいろとお話を伺いたいと思います。 《簡単な自己紹介をお願いします》 名前はSです、看護学生4回生で38歳です。大学を出てから9年半、社会人をしていました。その後、仕事を辞め看護師を目指し看護学校に行っています。 《留学のきっかけは、目的は何ですか?》 看護学校を卒業後に就職をしたら、今後英語留学の機会が無くなってしまう為、学生の内に留学をしたいと思っていました。少し迷いましたが、バイトでお金を貯めてきました。 社会人時代の最初の会社では英語を少し使っていましたが、転職後の仕事と看護学校では、全く英語を使わない環境になった為、英語の能力が落ちたと思っています。 今回の目的は落ちていた英語の能力を取り戻す為です。 《なぜフィリピンを選んだのですか?》 過去にオーストラリアとカナダ共に3週間留学した経験があります。ですが短かったのでもっと長く、安く滞在できるフィリピン・セブしかないと思いセブを選びました。 《HLCAを見つけたきっかけ、選んだのはなぜですか?》 ”Medical English”で検索していた所、セブでは3件ぐらいの学校が出てきました。 調べてみると他の学校はMedical Englishを勉強出来るが、先生がナースでは無かったり、ナースの先生の授業が受けれるの週に1回だけとかで……。HLCAはナースの資格を持った先生が常にいて、その先生達に毎日レッスンを受けられるので。 留学・勉強をするならMedical Englishを習いたかったし、自分の将来につながると思いHLCAに決めました。 《実際にHLCAで授業を受けられてどうでしたか?》 医療英単語だけではなく、実践に使えるいろいろな言い回しを先生達に教えて頂きました。例えば『点滴をしますよ』 とか『血圧を測りますね』 だとか。 患者さんのアセスメントをする時の常用項目”SOCRATES” を略語で覚えやすい様にテキスト書いてにあり、看護学生としても勉強になりました。 先生達はフレンドリーで、学生に合わせて指導してくれているが良かったです。少人数制のいい所だと思います。 《ホスピタルツアーはどうでしたか?》 実際はもう少し長く滞在したかったです。 ですがフィリピンの医療現場を身近に感じられて良かったです。現地のナースとの会話の中で、専門用語があると聞き取りにくく、まだまだ勉強が足りないな~っと感じました。病院には他国からの医師も働いていて、多国籍の環境で働けたら面白そうだなと思いました。 《学生寮での生活はどうでしたか?教えてください》 日本にいる時よりも快適でした。フィリピン人スタッフが作ってくれるご飯は野菜も多くバランスが良くて美味しかったです。洗濯も週3回してもらえて勉強に専念する事できました。 部屋も日本の私の部屋より綺麗でした。 学生寮は住宅街の中にあり静かで、玄関に警備員もいるので安心できます。寮の近くにはショッピングモール、コンビニやカフェがあり便利でした。 《今回、1ヶ月でPre-intermediateからAdvancedまで伸びましたが、どのように勉強されてましたか?》 毎日学校が終わったら、先生達に出された宿題をする。その日のレッスンで習った単語等をノートに書き写してました。 《Sさんご自身、今回の留学で英語力の伸びは感じますか?》 リスニングが伸びたと思います。リスニングが一番自信が無かったですが、だいぶ聞き取れる様になりました。先生がゆっくり、分かりやすく話をしてくれているからかもしれませんが….。 YouTubeなどで英語の動画を観ていると、セブに来る前よりも内容を理解できる様になりました。 《最後に今後の目標と一言お願いします》 私みたいな看護学生の方、医療関係の方にはHLCAはいい学校、合っていると思いました。 フィリピンから海外に就職していく先生も身近に見れて、自分も将来は海外で活躍できればと思います。 ~インタビューを受けて頂き有難うございました、日本で看護師国家試験頑張ってください!!~  

HLCAインターンの終わりに

Yuji Nemoto インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

HLCAのインターンYujiです! 6ヶ月間のインターンが今日終わります 次のステップへの期待と、セブが懐かしくなるだろうという感覚と、 なんとも複雑な気持ちでこのブログを書いています。 私にとってHLCAで最後のブログになる今回は、以下のような内容で書いてみます! 1.HLCAについて 2.セブ、フィリピンでの生活について 3.おすすめの観光エリアついて 4.インターン生活を振り返って 1.HLCAについて 私がHLCAに6ヶ月滞在した結果の、HLCAに対する印象です! HLCAは医療英語に特化し、 先生たちも医療のバックグラウンドがあることを採用の柱として採っています。 ここが他とは大きく違う点ですが、この意味は日本とは違う意味合いも含みます。 日本と違いフィリピンでは、 医療のバックグラウンドを取るには、 フィリピンの平均以上の教育を受ける必要があるという点です。 これは先生のレベルに直結します。 また、完全に語学の先生としてだけ働いている人よりも、 広い知見と一般常識を兼ね備えています。 さらに、病院でのノウハウや、医療関連の知識があることで、授業にも幅を持たせることが出来ます。 そして、HLCAでは基本的に個人個人に合わせたカリキュラムを作ります。 ナースの方、ドクターの方、薬剤師や産婦人科医など、 様々な職種の方に合わせてカリキュラムを作るため、 自分の必要なシチュエーション、必要なセンテンスをしっかり身につけることができます。 一般英語の方でも、例えば電話での仕事の対応や、旅行での会話、TOEICやIELTSなどの試験対策、 親子での留学など、幅広く対応可能です。 これらは少人数制をとっているHLCAだからこそ出来る配慮だと思います。 逆に、デメリットも正直に書いておきたいと思います。 それは、大人数ととにかく楽しみたい!という人には向かないというところです。 HLCAは少人数のため、多くても10人強の生徒さんのみです。 そのため、例えば毎日遊びたい、飲んでエンジョイしたいという方には向かないかもしれません。 また、日本人比率は必然高めです。もちろん日本以外からも生徒さんは来ます! ただ、もちろん土日に生徒さん同士でツアーに出かけたり、 フィリピン人の友達やインターンなど慣れた人とどこかに出かけたりなど、 十二分にセブを満喫することは、HLCAで完璧に可能です。 ここらへんは、ご自身のご希望次第で選択されるのがいいかと思います! HLCAでのインターンもおすすめです! セブは英語初心者のかたに特におすすめできます。 HLCAは特に先生たちもしっかりしていて、 また生徒さんもバックグラウンド(医療など)のしっかりした方が多いため、 仕事と勉強を両立させるにはとてもいい環境です。 インターンの一日に興味ある方はこちらをどうぞ。 2.セブ、フィリピンでの生活について 食事の問題、治安の問題、文化的な問題、交通の問題、色々あるかと思います。 ただこれははっきり言えますが、HLCAのあるITパーク周辺での生活について、 間違いなくどんな方でも適応出来ます。 もちろん気を付ける点は色々あります。 ストリートフードは気を付ける、食べないこと。 治安の悪いエリアに行かないこと。 荷物は常に気にかけること。 相手の文化的は背景を尊重すること。 とは言え、これらは特別なことでしょうか。 フィリピンだけでなく、他の国や日本でも当然気を付けることですね。 そういった意味では、特別な警戒心を持っていないといけない国とは言えないかと思います。 とても住みやすい国です。おすすめです。 何より一年を通して安定した気候のこの国は、生活するのにとても快適です。 ただ一点、冷房効きすぎなことがある点だけは困りものです笑 郷に入っては郷に従い、上着を着ましょう。 3.おすすめの観光エリア、体験について 私が体験した観光エリアを書き出してみたいと思います。 行き方等々質問があれば受け付けます!笑 ・オランゴ島…コスパ最強の島と呼んでいます。セブ市内から1時間半以内には到着出来る島で、綺麗な海、フィリピンの海らしいのんびりした雰囲気、サンゴ、海産物、貝のお土産などなど、これらが手近に体験できます。   ・サントニーニョチャーチ、マゼランズクロス、フォートサンペドロ…これらは共に近い位置にある有名な観光地です。さっと行くのにおすすめ!サントニーニョチャーチは日曜などは地元の人で混み合いますが、それもまた見どころです。 ・トップスと周辺レストラン、テンプルオブレーア…トップスはセブシティからほど近い山頂の絶景スポットです。絶景ってどうなの?と思うかもしれませんが、足元に広がる夜景は本当におすすめです。レストランで食事しながらもぜひ。 ・ボホール島…有名観光地で、チョコレートヒルズやターシャ(小さい猿)が有名です。山間をジップ一本に吊られて駆け抜けるジップラインも超おすすめです!1日から1泊程度時間があれば是非!   ・パンダノン島…真っ白なビーチと、青い海を体験出来る離島です。こちらはツアーで行くのがおすすめです!   ・カランガマン島…ここの海が最高に綺麗でした。真っ白なビーチが海の中に消えるように細長く続く絶景を見ることが出来ます。ここは波すら綺麗な青で迫ってきます。本当に綺麗な海に行ったことがあると心から言える島です! ・オスロブジンベイザメツアー…超有名観光地。野生のジンベイザメと泳いで写真を撮れるスポットです。しかも個人で手配すればめちゃ安い! ・ファンタスティックアイランド…ここでは日本では体験出来ない、海の上からのジップライン、10メートルの崖からの飛び降りなど、過激アクティビティ希望の方におすすめ!10メートルの飛び込みは泳げる方限定になりますが、最高に楽しめます!   ・モアルボアルでウミガメウォッチツアー…こちらはウミガメと泳げるツアー!綺麗な海でシュノーケリングやダイビングが楽しめます!騒がしくないひっそりとした観光地なので、のんびりしたい人におすすめ! ・ダイビングライセンス取得…マクタン島にはダイビングライセンス取得出来るショップが多数あります。英語が少しわかるようになってきたら、是非英語授業のところを選択しましょう!日本語のところより、日本で取るよりかなり格安です! ・モール色々…Ayalaモール、SMモール、SMシーサイドなど、大きいモールも楽しめます。特にSMシーサイドの猫カフェ! ・バジャウ族の村訪問…バジャウ族という水上民族の村に訪問できます!セブの中でもレアな部族体験が待っていますよ! ・クラウンリージェンシーのビル上アクティビティ…何と街中のビルのてっぺんでジップラインやふちを歩いたりアクティビティが出来ます! そして一番オススメなのが、こちら! …

インターン生募集!

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, その他

皆さん、こんにちは。 語学学校HLCA インターン生のHideです。 ただいま当校Happy Life Cebu Academyは、インターン生を<男女問わず>募集をしております。 フィリピン・セブ島で社会経験を積みながら、英語を学習してみませんか?ご興味のある方、こちらまでご連絡ください。 info@hlca-english.com ※ご応募の際は事前に当校ホームページの ”インターンシップ” の内容をご確認、ご理解の上、ご応募ください。 HLCA 語学学校 ハルカ インターン の一日について 皆さんのご応募お待ちしております。

【2017年版】マクタン・セブ国際空港からの出国方法・手続き解説【お土産購入手引付き】 HLCA

Yuji Nemoto セブ島生活情報, その他

こちらの記事では、マクタン・セブ国際空港からの出国の流れをご説明します! HLCA や語学学校に留学されていた方、旅行/バケーションでセブ島に来られていた方、 出国の際の不安を解消されるためにも、是非この内容を事前に確認してください! (※リンク 日本出国からフィリピン入国についてはこちらの記事をご参照下さい!) 特に、移動中にインターネットが使えないなどの可能性がある場合、Wi-Fiがあるうちに熟読しておいて下さい! 空港のWi-Fiも確実に使えるとは言えないため、しっかり準備されるのがおすすめです!   空港到着~チェックイン 空港利用税の支払い 手荷物検査~イミグレーション 出発ロビー~出国 【付録】お土産購入ポイントと値段の比較! 1.空港到着~チェックイン まず空港に到着したら、どのチェックインカウンターエリアに進むか確認しましょう。 確認方法は、各入口前にこのような航空会社ごとの表示があるので、それを見れば簡単でしょう。 (今回の写真はバニラエアで利用したエリアの写真になります。各エリアで多少の違いはあるかと思いますのでご了承下さい。流れは同じです。) また、セキュリティ・ガードや空港職員に聞いてもわかります。 建物入ってすぐのエリアには軽食エリアや、お土産屋さんがあります。 チェックインカウンターに進む前に簡単な手荷物検査があります。 手荷物検査場に進む前に、当日のチケットを持っているかチェックされますので、準備しましょう。 私はスマホの画面しかなかったのですが、問題ありませんでした。 指示に従い、手荷物等をレーンに流してチェックしてもらいましょう。 通過すると、広いチェックインカウンターになります。 まずはチェックインを済ませてしまいましょう。 対応する航空会社のカウンターに進み、パスポート/チケットを提示してチェックインします。 ここで重たい荷物から開放されます! トイレなどもあるため、空いている時間に利用しましょう。 こちらにお土産屋さんや軽食、スタバもあります! 2.空港利用税の支払い 次に、空港利用税を払ってしまいましょう。場所はチェックインカウンター付近にあります。 こちらは全員必須です。チェックインカウンターで貰ったボーディングパスを渡す形になるので、チェックインのあとに行います。 750ペソを現金で用意してください。 現金のみ、ペソか米ドルが可となっていますが、恐らくペソで用意して頂くのが最善でしょう。 支払うと以下のような領収書がボーディングパスにホチキス止めされます。 これをあとでチェックされますので、このタイミングでしっかり領収書貰ったことを確認しましょう。 3.手荷物検査~イミグレーション 空港利用税支払後、手荷物検査場へ向かいます。 また、手荷物検査場に進むには、このような自動の機械にボーディングパスを読み取らせる必要があります。手に持っておきましょう。下の写真のバーコード部分を読み取らせます。 その後、手荷物検査を受け、(靴を脱ぐ、ベルトを外すなどは指示されます。)対応するゲートに進みます。 手荷物検査後に空港利用税を支払ったかチェックされます。 ボーディングパスにホチキス止めされているはずですので、そのまま見せましょう。 その後イミグレーションに進みます。(写真は撮影禁止のため取っていません。) VISA期限等に問題なければ、何もなく通過出来るはずです。 最悪VISAが期限切れの場合、違反金などについてここで言われ、現金支払いを言い渡されるはずです。どうしても心配な方は、ここまで現金を保持しておきましょう。 4.出発ロビー~出国 ここまで来れば、あとは出発時刻を待つだけです! 免税店、両替所、お土産屋さん、軽食の食べられるお店、ラウンジなどがあります。 食事は基本高いので覚悟しましょう・・・! スペースは広く、ゆったりと待つことが出来ます。 出発時刻30分前頃から搭乗可能になるかと思いますので、下記のようなゲート前のエリアに進んでおきましょう。 このエリアにはマッサージ店などもありますが、驚きの価格です。(市内の3倍から4倍程度かと) また個人的に、セブで初めて自動販売機を見付けて驚きました。お札入るんだろうか、、、。 時間になったらボーディングパスを見せて、搭乗します!よい旅を!   5.【付録】お土産購入ポイントと値段の比較! 今回、超定番お土産、7Dのドライマンゴー(チョコがけバージョン)の値段比較を行いました! チェックポイントは以下3箇所。 <1>空港の建物入ってすぐ <2>チェックインカウンター付近 <3>イミグレーション後   それぞれ値段を見てみると、、、 <1>180ペソ、<2>120ペソ、<3>7.5ドル(380ペソ)という驚きの結果に・・・! 参考までに、7Dの工場(ASフォーチュナ通り付近)ですと78ペソでした。 今回はこちらの商品のみですのですが、結果はチェックインカウンター付近がおすすめということになりました!   今回は出国に関連した手続きを簡単にご説明致しました! この記事は2017年7月現在の情報になりますので、その後変更になる可能性もあります。 出国前には是非最新情報をチェックして、ゆとりを持って出国しましょう!   それではまた! HLCA Yuji

【最終回】9週間のセブ島留学が終了しました。総括をします。

Yuji Sugiyama インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

これでひとまずわたくしSUGIの留学日記は終了となります。拙い内容の記事も多くあったと思いますが、それでも読み続けて応援してくださった方々、ありがとうございました。もしHLCAへの留学をご検討の方は個人的に相談も受け付けますので、ご連絡くださいね。

【Final Mission】大学病院での実習が終了しました。意欲の高いインターン生たちに驚きます。

Yuji Sugiyama インターン生や留学生のブログ, その他

実習最終日には20分ほど時間をもらい”日本のリハビリテーション・システムと今後の課題”について簡単にプレゼンテーションさせれもらいました。50年前の日本のような人口ピラミッドを保つフィリピンですが、今後どのように変化して行くかわかりません。最近では、訪問リハビリテーション・地域連携などのシステム構築を視野に入れているようです。わたしの伝えた情報が彼らの今後に活かされるといいなぁ。

学校の近況です。

Hidemasa Atsumi インターン生や留学生のブログ, その他, ハルカのいろいろ

皆さん、こんにちは。 HLCAインターン生のHideです。 今回は学校の近況について、ブログを書かせてもらいます。 当校は先週、歯科医師の方、看護師の方、ファミリーで来られた方々など7名の生徒さんを迎えました。さらに来週からは日本から2名、台湾からも2名の生徒さんも来られます。 学校内に一段と人が増え、国籍も豊かに、活気に満ち溢れている現状です。 皆さんの留学期間は1週間の方を始め、4週間、6週間とバラバラですが、日本のお盆シーズンまではこの賑やかさが続きそうですね。   さてここからは授業の風景を紹介したいと思います。 先週から来られた、歯科医師の方の授業風景です。 この方はMedical Englishコースを受講されてます。 タブレットの写真見て、ホワイトボードに絵を書きながら授業を進めてました。この授業は歯並びの矯正についてのクラスだったようです。 実際の治療時に必要な単語、治療方法をディスカッションしながら勉強されたようです。   こちらの生徒さんは、看護師の方です。 学校内にある模擬の診察台を使いながら、授業を受けられてました。 この時はバイタルチェック時のシチュエーションでの授業だったそうです。 血圧、体温、脈拍数などに関わる英単語や言い回しを習われていて、とても良かったとおしゃってました。   こちらは理学療法士の方のクラスです。 こちらの方も模擬診察台を使い、先生が横たわり、実際に診察、治療時に使う言い回しや、単語等を習われてました。 実際に診察台を使いながら、一人一人のレベルや、職種に合わせた授業を組み立ててくれ、その人に合った授業を受ける事が出来ます。 留学を考えていらっしゃる医療関係の方、当校で医療英語を勉強してみませんか? 興味を持たれた方、ぜひ検討してみてください。

セブ島で健康診断を受けてみた! HLCA

Yuji Nemoto セブ島生活情報, その他

こんにちは! セブの英語語学留学 HLCA Happy Life Cebu Academy のインターン、Yujiです! 本日はセブ島にて健康診断を受けてきましたので、 その内容を記載してみます! セブで健康診断を受ける必要がある方は、主にこんな方々でしょうか。 求人応募のため 日本で個人で受けるより安く済むため JICA 青年海外協力隊 に応募するため ココらへんが一般的な健康診断受診理由かと思います! <本日のコンテンツ> 健康診断の予約、事前の準備、料金 当日の訪問 検査病院(血液検査、レントゲン、心電図、採尿等) 聴力検査 視力検査 医師の問診 [恐怖]HLCA看護師生徒による健康診断結果レビュー 1.健康診断の予約、事前の準備 今回の私のケースでは、JICA の青年海外協力隊に応募するための健康診断になるため、 指定の様式で医師に診断結果を書いてもらう必要があります。 血液検査の種類や他の検査項目、書き方や書式を合わせてもらうという要望についてなど、 すべて自力でというのはなかなか難しく、 また期限もほぼ1,2週間のうちに完璧に記載し結果を受け取る必要がありました。 幸運なことに、現在当校 HLCA に留学されているSugiさん(ブログはこちら)が JICA の 青年海外協力隊経験者 で、 さらに、その  Sugi さんのお友達で JICA 青年海外協力隊経験者 が病院(チョンワホスピタル)の JHD に勤務されていたのです! そのため、こちらが JICA の期限上余裕が無いことや、検査項目について完璧にカバーしないといけないことなど、様々説明が必要なところを一瞬で把握していただける幸運に恵まれました! そんなわけで、今予約はチョンワホスピタルの JHD にご連絡されるのが一番確実です! チョンワホスピタル JHD 電話0917791217 メールアドレス chh@j-helpdesk.com 事前の準備としては、会社や応募先の団体から指定の様式が提示されている場合、それを準備しましょう。 また学生であれば、IDを準備し、最後に受診用の料金を準備しましょう。 それぞれの料金については、以下の価格でした。 血液検査、レントゲン、心電図、採尿等・・・3,220 PHP 視力検査・・・500 PHP 聴力検査・・・250 PHP 医師の診察・・・1,500 PHP それぞれ個人の検査項目によって異なりますので、参考までに。 また、検査項目によっては前日の夜から食事制限などが発生しますので、 JHD スタッフの指示に従いましょう!!!   2.当日 担当の方と相談された日時に受付に伺いましょう。 チョンワホスピタル付属のJHDは、ロビンソンズサイバーゲートの4階、426号室にあります。 こちらの426号室に日本人スタッフさんと、フィリピン人のスタッフさんが常駐されています。 まず受付で簡単に氏名、年齢、学校などを記入します。 その後、検査の内容や検査シートを再確認のうえ、検査の流れを説明して頂けます。 …